大阪市阿倍野区のくすり屋さん。
あなたの健康を全力で応援します。

0666242800

健康情報

2024.06.21 <夏>に役立つ情報

「梅雨太り」しないために!

「夏前に痩せておきたい!」「梅雨の間にダイエットがんばろう!」という方も多いと思います。

ただ、実は『梅雨』時期は太りやすい!ってご存知ですか?

今回はそんなお話です。

理由その① 湿気で「梅雨太り」になりやすくなる!

雨で湿度が高くなると汗が皮膚表面から蒸発しにくくなり、体表に水分を溜め込みます。

つまり梅雨太りの正体は「むくみ」なんです!

理由その② 運動量の低下で太りやすくなる!

雨が降ると短い距離でも車やバスを使ったり予定を先延ばしにするなど…

外出せずに自宅や屋内で過ごすことが多くなるので、雨が続く梅雨の時期は自然と運動量が減ってしまい、太りやすくなることがあります。

理由その③ ライフスタイルの変化!

暑くなってきてジメジメしてくると、冷たい食べ物や飲み物を口にすることが多くなります。

また、服装も薄着になるので、冷房などで体を冷やしてしまう方がいます。

体が冷えれば代謝も下がってしまい太りやすくなります。

冷たいものの食べ過ぎ・飲み過ぎや、服装にはお気をつけくださいね♪

☆梅雨太りの対策方法☆

①食生活の見直し

むくみは塩分の摂りすぎでひどくなります。

梅雨時期は特に、食事の味付けは薄味がおすすめ。

濃い味付けになりやすいしょうゆ、塩、マヨネーズ、ケチャップ、マヨネーズ、ドレッシング、お砂糖などの使いすぎは要注意です☆

②体を動かす

天気の日は散歩をしたり屋外で体を軽く動かせるといいですが…。

雨の日は、ストレッチやラジオ体操など家の中で体をゆっくり動かせる運動を。

体を動かすポイントは、無理をしないこと♪

焦らず少しずつで大丈夫ですので、日々できることに取り組みましょう☆

③血行促進

むくみを解消させためには体を温めて血液の流れをスムーズにさせることも大切。

ですので、絶対にかかせないのが「入浴」です。

暑い季節こそシャワーだけでなく、湯船でゆっくり温まりましょう☆

【 ヤセるコツ 】便秘も大敵!

梅雨は、天候の変化が激しいので自律神経も狂いがちに・・・

そういう時に最初に起こるのが『お通じやおしっこが出なくなる』こと。

こういった症状は体重が減る妨げになります。

特に便秘は1日以上そのままにすると、便の水分が取られてどんどんカチカチになってしまいます。

お腹が痛くないから大丈夫とそのまま放置せず、毎日のお通じを心がけてくださいね☆

便秘気味の方、お通じが気になる方には、お腹が痛くなりにくい便秘薬などもご用意していますので、ご相談ください☆

お問合せ
06-6624-2800
受付時間/10:00~20:00
(定休日/日曜・月曜・祝日)

地下鉄御堂筋線「西田辺」
4番出口徒歩5分

長春堂マップ

お車でお越しの方は、近隣のコインパーキングをご利用下さい。