漢方薬舗 長春堂

〒545-0022
大阪市阿倍野区播磨町1-22-4

Tel/Fax 06-6624-2800

店舗地図

営業時間/10:00〜20:00
定休日/日曜・祝日

健康情報

皆様のこころと身体の健康に役立つ情報をお届けしています。

ペットボトル症候群ってご存知ですか?夏場の水分補給について

太陽

節電が叫ばれる昨今。これからの梅雨の季節〜夏の間は、暑さから熱中症になるのを予防するために水分補給は大切です。ただし、自販機やコンビニなどでペットボトル飲料を購入して飲んでばかりいると「ペットボトル症候群」になってしまうかも。

今回はペットボトル症候群についてお話します。

ペットボトル飲料
 ペットボトル症候群 とは

大量の糖分を含む清涼飲料水を飲むことで血糖値が急上昇し、口の渇きや身体のだるさといった症状が現れます。最悪の場合には、こん睡に陥って救急車で運ばれるケースもあります。

 500mlのペットボトル飲料にスティックシュガー16本以上!
スティックシュガー

ペットボトルに入ったコーラやジュース、スポーツドリンクなどの清涼飲料水、缶コーヒーなどには大量の糖分が含まれています。
その量は500mlのペットボトルでは約50g、スティックシュガー(3g入り)なら16本以上!1.5Lのペットボトルではスティックシュガー50本も入っていることになります。
この量を知ると、飲むのが怖くなりますね。

また、ペットボトルの表示で糖分と書かれていないこともありますが、栄養成分欄に「炭水化物」と書かれていれば同じ意味で、糖分とほぼ同じ量を示します。

 ペットボトル症候群を引き起こす負の連鎖

このように大量の糖分を含む清涼飲料水を飲むことで、血糖値は急上昇します。
するとさらにのどが渇くため、また清涼飲料水を飲むことに…。
これを繰り返すことで糖尿病のような状態になり、身体のだるさや体重減少などの症状が現れるのです。

夏バテと症状が似ているため、「夏バテだと思っていたら、実はペットボトル症候群だった」というケースも多いようです。

連鎖
 ゼロカロリー飲料なら大丈夫か?

最近流行しているゼロカロリー飲料ならペットボトル症候群は大丈夫でしょうか?
実はこの「ゼロ」という言葉が要注意。日本の栄養表示基準では「100mlで5kcal以下のものであれば、0カロリーと表示していいことになっている」為、砂糖が全く入っていない訳ではないのです。

「ゼロカロリー飲料だから大丈夫!」とあまりにガブガブ飲んでいると、意外と糖分をとっていることになりかねません。

 夏の水分補給には
ペットボトル水

お茶か水であれば、ペットボトル症候群の心配はありません。
水にレモン汁を入れて飲んでもよいでしょう。熱中症対策としては、水に天然塩を入れて塩分も補給することをお奨めします。

部活動などで、水の代わりにスポーツドリンクを飲むお子様などにも注意してあげましょう。